小規模事業者持続化補助金を使用したホームページ制作について

ホームページを制作される方・ホームページのリニューアルを考えている方は今がチャンスです!

ホームページを開設する場合やリニューアルを考えている人が活用できる「小規模事業者持続化補助金」についてご説明します。

これから創業を予定している会社や個人事業主の方、創業中の方でも補助金に申し込めます。

また、「会社やお店の新規オープンでホームページが必要だけど、費用は抑えたい。」「ホームページは既にあるけど、古くスマホに対応してないのでリニューアルしたい。」「自分たちで更新しながら、SNSの活用やアフターサポートも充実したホームページを作りたい。」と思っている方々にも最適の「小規模事業者持続化補助金」を活用してみてはいかがでしょうか?

「小規模事業者持続化補助金」ってなに?

小規模事業者持続化補助金とは、中小企業庁が展開する全国の小規模事業者の事業の促進を目的とした、商工会議所や商工会のサポートを受けた事業計画に基づいて補助金を支給する制度です。

対象経費の2/3が補助されるので、小規模事業者にとってはぜひとも活用したい補助金となっています。

補助限度額は50万円ですが、産業競争力強化法に基づく「認定市区町村による特定創業支援等事業の支援」を受けた小規模事業者は、補助上限額が100万円に引き上がります。

また、複数の小規模事業者が連携して取り組む共同事業の場合は、補助上限額が100万円~500万円となります。

(連携する小規模事業者の数によって異なりますので、共同事業を考えている方は管轄の商工会議所または商工会に問い合わせてみてください。)

どんな事に使えるの?

「小規模事業者持続化補助金」は備品などの購入も対象ですが、ホームページの制作費用はもちろん、サイトのリニューアルなどの費用も含まれます。
ホームページ制作などの宣伝費に使える補助金は少ないので、活用したい補助金ですよね。

どういう人が対象なの?

小規模事業者持続化補助金の対象者は、5つの要件を満たした事業者になります。

・反社会的勢力排除に関する誓約事項のいずれにも該当しない者
・商工会議所または商工会の管轄地域内で事業を営んでいる(商工会に入ってなくても構いません)
・持続的な経営に向けた 経営計画を策定していること
・先行する受付締切回で採択・交付決定を受けて、補助事業を実施してないこと
・小規模事業者であること
 商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く) :常時使用する従業員の数が5人以下
 サービス業のうち宿泊業・娯楽業 :常時使用する従業員の数が20人以下
 製造業その他 :常時使用する従業員の数が20人以下

「小規模事業者持続化補助金」公募スケジュール

小規模事業者持続化補助金の公募は、約4ヶ月ごとに公募を締め切り、公募毎に審査が行われ採択者が決まり、令和4年度まで公募が行われ、第10回受付が最終と発表されています。

令和2年度 公募スケジュール
第1回受付締切 2020年3月31日(火)
第2回受付締切 2020年6月5日(金)
第3回受付締切 2020年10月2日(金)
第4回受付締切 2021年2月5日(金)

令和3年度 公募スケジュール
第5回 2021年6月初旬頃
第6回 2021年10月初旬頃
第7回 2022年2月初旬頃

令和4年度 公募スケジュール
第8回 2022年6月初旬頃
第9回 2022年10月初旬頃
第10回 2023年2月初旬頃

「小規模事業者持続化補助金」を申請するには?

「小規模事業者持続化補助金」を申請するには見積書などの書類に加え、補助金を活用して行う「事業計画書」と「経営計画書」を管轄の商工会議所または商工会に提出します。採択されなかった場合でも再度公募申請ができるようになっていますが、商工会議所や商工会に担当者がいますので、一度お会いして相談しながら計画書を作成するのが良いかと思います。

様式の作成などに日数がかかるので、期限に余裕を持って申請をすると良いと思います。